検査済証がない集会所をデイサービスセンターへ活用

 

 
 
 
 
 

【検査済証がない集会所+デイサービスセンター】


なんか最近、検査済証ない・・・って続いてない?
そんなに検査済証ない建物って多いの?


かなり多いよ。平成11年以前で半数以上が検査済証がなく、平成24年でも1割くらいがまだ検査済証がないみたい。

でも、建物そのものは、再利用可能でも法律的にハードルがあって再利用をあきらめてしまう事例もたくさんあります。
そのあたり何とかならないかな・・・という問題意識もあって、この話が続いています。
検査済証ない・・・という事例を集めることで、何か見えれば・・・とも思ってます。

 

テーマ:検査済証のない集会所を老人デイサービスセンターにしたい!

 

概要

①必要とされた調査内容
②もうひとつの問題

①必要とされた調査内容

集会所の場合、本体構造が鉄骨造でした。
確認申請は行っておりましたが、12条5項の報告のための調査において、柱、梁のすべての鉄骨部材の調査が求められました。
また、基礎については、コア抜き(コンクリートを一部抜き取って、強度を調べること)調査ではなく、非破壊検査としてシュミットハンマー試験でよいとされましたが、3か所検査することを必要とされました。
このあたりの必要とされる調査内容は、建物構造、規模、行政により変わってくると思います。

以上の調査をするにあたり、すべての柱、梁の調査をするにあたり、点検口を要所要所設置することで、調査を可能にしました。

※12条5項については、下記の記事参照ください。
  「空き店舗を保育園にした話


②もうひとつの問題

老人デイサービスセンターの場合、もうひとつ注意点があります。
それは、バリアフリー条例です。ここでは東京都の場合になりますが、東京都ではバリアフリー法に基づき建築物バリアフリー条例が存在します。
老人デイサービスセンターの場合、この条例によりバリアフリー化が義務付けられるので、条例に従って、廊下幅、トイレ、出入り口などを整備する必要があります。

東京都 建築物バリアフリー条例

デイサービスセンターですから、バリアフリーに計画するのは当然ですが、既存建物の構造的な都合や予算によって「バリアフリーの度合い」に融通が利くわけではないという点は注意が必要です。

以下、ポイントまとめときます。

今回のポイント

①鉄骨造のため、木造よりも調査がより詳細に必要

②バリアフリー条例など、条例にも要注意!

 


ちなみに・・・地区計画や建築協定もあるところがあり、その地域で独自の制限があることもあるから、そのあたりも注意です。



 

 
 
初心者ホームページ作成