中古住宅のリノベーション費用

 

 
 
 
 
 


【リノベーションして、施術所を開きたい!】

中古住宅・空き家・平屋最近、街中にマッサージ屋さん増えているよね。
自分もいつか開きたいな~とか思ってい
るけど、リノベーションするときに気をつけることってあるんのかな?


中古住宅・空き家・平屋
えっ!そんなこと思っていた? 
そもそも、マッサージのスキルある???
ともあれ、施術所の基準はありますので、今回は実際に設計したときのことをお話します。

 

テーマ:

 施術所を開きたい。

 

概要

 ・はじめに
  ①6.6㎡以上の専用の施術室があること
  ②3.3㎡以上の待合室があること
  ③施術室は、部屋の面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること
  ④施術に用いる器具、手指などの消毒設備があること
・まとめ

・はじめに

 施術所を開くには、施術所の構造設備基準をまずクリアする必要があります。
地域により若干の違いはあるようですが、以下、東京都の立川での場合です。

東京都福祉保健局の施術所開設の手引きを見てみると、構造設備基準の要点は、以下のようになっています。
①6.6㎡以上の専用の施術室があること
②3.3㎡以上の待合室があること
③施術室は、部屋の面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること、もしくは換気装置があること

④施術に用いる器具、手指などの消毒設備があること

以下、これらの基準を見ていきます。
 

①6.6㎡以上の専用の施術室があること

ここで問題になるのが、「専用の」ではないでしょうか。
つまり壁で仕切るのか?簡単なパーティションでよいのか?そのあたりです。
基本的には、床から天井まで達する壁なのですが、排煙の問題など安全上やむを得ない場合はは、上部を開放することは可能です。
また、パーティションですが、やはり専用の部屋でないといけないので、簡単に動かせるようなものでは不可で、固定されたパーティションでしたらOKの可能性が高いです。

また、ドアが必要か?という疑問もわいてきますが、原則としてドアは必要です。そのドア自身に窓ガラスがある場合など、ガラス自体も基本的にいれるほうが望ましい、という回答をいただきました。(このあたりの解釈が微妙ですが・・・)


②3.3㎡以上の待合室があること

待合室については、壁と扉の問題として、どう施術室と仕切るか?という問題がありますが、これは上記を参考にしていただき、さらに聞かれたことが・・・
「受付ってどうします?」ということでした。
しかしこの問題は、さほど問われませんでした。待合室に小さなテーブルを置いて、実施しますとお答えしてOKがいただけました。


③施術室は室面積の1/7以上に相当する部分を外気に開放できること

これについては、施術室の部屋の床の面積の1/7以上の面積を開けられる窓の大きさが必要・・・そんな意味です。



 なんかピンときません・・・
 

  具体的にはこういうことです。

 
 
 
 
 
 

例えば、上のように施術室が8㎡の面積に対して、窓の大きさが2m×2mで4㎡であった場合、外気に開放できる面積は、引き違い窓の場合、半分の2㎡になります。
 室面積の1/7は施術室8㎡÷7=1.14㎡となり、1.14㎡以上の外気に開放できる窓の大きさがあればOKです。
この窓は、2㎡なので、OK!となります。

また、もし窓が施術室の面積の1/7の大きさを開放できないときは、換気扇をつければクリアーできます。
換気扇の換気能力はいかに・・・?という問題がでてきますが、施術所の構造設備基準上は、問われませんでした。
(要するについていれば大丈夫程度・・・)
ちなみに建築基準法上は、別途換気に関する法律があるので、それに適合する必要があります。

④施術室に用いる器具、手指等の消毒設備を有すること

  これは手洗い器を設置していればOKです。
また、ハリなどを用いる場合は、使い捨てでない場合においては、滅菌機を設置するように指導を受けました。


・まとめ

印象として、施術所の構造設備基準について、クリアーすることは、そう厳しくない印象を受けました。
緩い基準・・・というより「柔軟性がある」ような基準で、工夫できる余地があるといえそうです。

 
 
初心者ホームページ作成