耐震補強・改修・増築・リノベーション・中古住宅・空き家・平屋・用途変更 アパート 一内山建築設計室 一級建築士事務所|東京都 東大和市 立川市 武蔵村山市 日野市 国分寺市 昭島市 国立市 小平市 大田区

 

 
 
 
 
 

木造と鉄骨が組み合わされた空間の補強。

教会や工場のような人が集まる空間は、柱のない大きなスペースが必要となるので木造で造られていても梁を鉄骨にして、柱のない大きな空間が造られていることがよくあります。
 
このような空間はとりわけ壁が少ないので補強が必要となりますが、せっかくの広いスペースを壁だらけにしてしまえば機能が失われ、かといって機能を優先すれば建物の耐力が不足するという問題が起きるます。

また鉄骨梁である場合に、木造の柱とどのように補強していくか?
も慎重に検討すべき問題です。

建築データ
築年数:約30年
床面積;137.32㎡
構造:1階木造(梁は鉄骨)、2階木造
改修内容:耐震補強工事および減築
地域;東京都立川市

 

 ご要望と企画

・交通の激しい道に面しており、とくに2階の事務所の揺れが心配である。
・補助金を使用するにあたり、法律に抵触する部分は是正したい。

                                                            
 まず、この建物で問題となるのが、「揺れ」と言えます。
このような教会、店舗、集会場など壁の少ない大きな空間が必要な場合、どうしても揺れやすい構造となってしまいます。
基本的に壁により揺れや地震に対して抵抗するので、平面的にみても長手方向は壁が比較的多いのに対して、短手方向は壁が少ないことがわかります。(下図参照ください)
つまり揺れに対する抵抗力が長手方向と短手方向で極端に異なってしまい、その点でもバランスの悪くなっています。
改善策として以下のようにご提案いたしました。 
                       

 
建物の長手方向は、外部の壁を補強して強度をアップして、建物の短手方向は、建物の真ん中に大きな門型のフレームを二つ設置ような形にして強度を上げました。
そうなると当然、「増設された壁」が邪魔になりますが、活動の邪魔にならないよう、出幅を70センチ程度としてあります。
(耐力壁になる壁長さとして筋交の場合90センチ、合板などの場合は60センチ以上必要となります)
また、外観についても、補強や塗膜の劣化などあり、改修する必要があったので、すっきりとシンプルな状態になるよう、形や色を整理しました。
 

補強壁の設置について

上記の補強壁ですが、壁の下には必ず地震の力を地面に伝えるコンクリートの基礎が必要になります。
しかも、力を確実に伝えるために一部が出っ張ったような半島型ではなく他の基礎と一体となったような形が理想です。
この教会の場合、門型フレームの足元に基礎が必要になるので、「目」の形になるように基礎を新設しました。
1階の床が土間コンクリートを打ってあったので、カッターをいれて一度除去したうえで、基礎を新設しました。

耐震補強工事の基礎工事
 


完成写真および工事中写真

*画像をクリックすると原寸で表示します。
 
 
初心者ホームページ作成