検査済み証がない建物の増築 既存不適格

 

 
 
 
 
 

【検査済証がない住宅の増築+既存不適格】


前回に続いて、今回も検査済証がない案件の話。
でも今回は、さらに既存不適格になっちゃってる状態です。



なんか、ややこしそうだけど、大丈夫?
 

テーマ:検査済証のない住宅の増築+既存不適格

 

概要

①はじめに
②12条5項の報告と既存不適格
③結末


①はじめに

話の始まりは、建築当初は、防火地域としての指定は無指定だったのだけど、2階に5㎡ほどのトイレ・洗面所を増築しようと思い立ったときは準防火地域に指定されていたのが始まりです。
そこで確認申請を出して、増築しようと思ったら検査済証を取得していなかったので、いきなり壁にぶつかってしまいました。
もしも無指定のままだったら、10㎡以内の増築の場合、確認申請が不要なので、工事をする上では問題は基本的にはなかったのですが・・・。(検査済証がない問題は残りますが)

今回の問題点
◆検査済証がなかったこと
◆既存不適格であること

②12条5項の報告と既存不適格

今回の場合、検査済証がない場合は行政庁のほうに12条5項の報告をするしか認めない旨を特定行政庁が言われたので、指定確認機関の活用というわけにはいきませんでした。

そこで流れとしては、特定行政庁に12条5項の報告をするという流れになります。


今回の場合は、確認申請はしていたので、申請図書と現地の状態とをまず照合します。
そして関連する建築基準法などの条文をすべてピックアップしてチェックリストを作成して、それを12条5項の報告書の添付書類とします。
そして図面も添付しますが、合わせて、是正対処の方法も検討して提出します。

ここで問題がなければ、確認申請に進めるのですが、今回は既存不適格です。
「問題あり」なので、ここで是正工事が必要となります。

無指定→準防火地域に指定されたので・・・

屋根、軒裏、サッシュ、外壁・・・が問題となりそうでした。

問題はここです。
この工事(これだけやればほぼ大工事!)してからでないと、次の増築申請に進めないということです。

そう、是正工事を完了した後、もう一度12条5項の報告を行政庁に行います。
これは是正工事が完了したという意味ですので、工事写真も添付します。

そうなると、このあと増築工事を行いますが、せっかく工事し終わった外壁や屋根を再度、一部ですが壊して増築工事をしなければいけません。

ということは・・・


「そろそろ2階にもトイレとか洗面所をちょっと増築してつけようか・・・」


 と言ってた人が・・・


「ええっ!!!屋根も窓もそんなに工事するの???おまけに外壁も!!?
訳わかんないよ!」

そういう感じになります。今回の場合は、外壁はモルタル塗りでしたので、法的に問題あり、ではなかったのですが、窓がほぼすべて交換必要でしたので、道連れで工事が必要になる・・・そういう話です。
 

③結末

 こうなると、当初の思いと相当異なるので、増築をすることなく、トイレを2階のどこかになんとか設置する・・・のが手でしょうか。
もしくは、頭をすっかり切り替えて、大規模なリノベーションにしてしまうかどちらかだと思います。

結果・・・増築の話は、その場でなくなりました。
すべて電話によるやりとりだけで、1日で済んだ話なので、お客様も特に経済的な損失もなく済みましたからよかったのですが・・・。


 

 

 

 
 
初心者ホームページ作成