耐震補強・改修・増築・リノベーション・中古住宅・空き家・平屋・用途変更 アパート 一内山建築設計室 一級建築士事務所|東京都 東大和市 立川市 武蔵村山市 日野市 国分寺市 昭島市 国立市 小平市 大田区

 

 
 
 
 
 

事務所概要

内山建築設計室一級建築士事務所

事務所登録

一級建築士事務所 東京都知事登録 第50154号
東京都木造住宅 耐震診断事務所登録 第264号
新宿区 木造住宅耐震診断事務所 登録
日事連 建築士事務所賠償責任保険加入済

業務内容 【第一事業部】
改修設計・監理(住宅、マンション・アパートリフォームなど)
耐震補強設計・監理(木造、鉄骨造、RC造)
【第二事業部】
耐震診断(木造、鉄骨造、RC造)
ホームインスペクション
特殊建築物定期調査
所在地

 東京都東大和市湖畔2丁目-325-20
第一事業部:改修設計部
第二事業部:現況調査部
TEL:042-511-3068
FAX:042-848-3125
Mail:info@saisei-pro.com

所属団体 一般社団法人 東京都建築士事務所協会 たちかわ支部
東京都木造住宅耐震診断登録事務所協議会
東京の木で家を造る会
日本ホームインスペクターズ協会
東大和市商工会
代表  内山 浩一郎

1968年生まれ。都内でマンションリフォームを150件以上、経験し、設計事務所でも新築マンション、木造住宅などを設計監理経験をした後、設計事務所設立。

  • 一級建築士
  • 応急危険度判定士
  • 被災度区分判定士
  • 被災宅地危険度判定士
  • JSHI公認インスペクター
  • 福祉住環境コーディネーター

 

「耐震不足」
いつも帰る家には安全は譲れない。従来、耐震性能の不足は、建築されたときの法律に影響され、住んでいる人によるものではありませんが、個人財産であることから本人の努力に任されていました。
しかし、その根本原因である年代による構造の違いなどの課題を克服するためには、個人の力だけなく補助金などの活用も必要ですが、十分に考慮された設計により効率的な補強プランが不可欠です。
そこで、私たちは人々のより一層の耐震化を支援する調査と補強方法を日々、追求してきました。

「劣化」
いくら新しくしても、建物は、劣化していきます。
劣化とは雨や生物により木が蝕まれる状況です。
ではなぜ劣化が生まれるのでしょうか。やはりカギはメンテナンスです。
建築物はメンテナンスを必要とするものです。
メンテナンスも外壁、屋根についてはほとんどの場合、足場を必要とされるものであり、費用も多くかかります。
それゆえメンテナンスの機会をきちんととらえて、効率的に行いたいものです。
客観的な視点を重視して、現場の状況を調べて、メンテナンスのメニューをご提案いたします。

「温熱環境性能の不足」
改修による温熱環境の改善は、補助金や新しい建材の登場により以前より実施しやすいものになってきています。
とはいえ、基本的Iに魔法瓶をつくるようなことなので、断熱材で家を包み込むようになるため、改修ではなかなかハードルが高いのが実情です。
工事中の負担までも考えれば、ある程度の電気代がかかってもエアコンをフル回転させるほうを選択してしまうのもやむを得ないこともあります。
しかし、長い目でみればやはり温熱環境そのものを改善するようがよいので、その機会を見逃さないことが大切です。

「補助金の活用、確認申請」
補助金により様々な金銭的な支援がされていますが、手続きがかなり手間であることが多いのが実情です。
また期間も定められていることから常にアンテナを高くしていることも必要となります。
スムーズに活用できるようお手伝いさせていただきます。
また、法律的な手続きをきちんとすることで建物のその後の活用がスムーズにできる場合もあります。
その場合は、多少の時間や費用がかかっても手続きをしたほうがよい場合があります。
その見極めをして、建物の活用を支援させていただきます。   

 
                                                 代表 内山浩一郎     

 

 

他にこんな活動も・・・

   
東大和市での市民環境祭りで、住宅の相談コーナーを設けまして、お客さまからお話を伺いました。   住宅の改修に関するセミナー開催しました。   耐震に関するセミナー開催しました。
     

夏休み子供体験講座。
モビール作成に取り組みました。
 

 

夏休み子供体験講座二回目。
牛乳パックを使って、街をつくりまちづくりについて考える講座をやってみました。

   

 
 

 
 
初心者ホームページ作成